千葉交通 創立100周年記念ボンネットバス運行

千葉交通は明治41年11月16日、「成宗電気軌道」という成田山と宗吾霊堂を結ぶ路面電車の会社として誕生、 その後バス会社となり、千葉県北東部を地盤としております。
そして、平成20年11月16日に会社創立100周年を迎えました。100周年を記念して、成宗電車ゆかりのルートを旧塗装色の 「銀バス」カラーを復元したボンネットバスが運行されました。
写真をアットランダムに掲載しました。11月15日の撮影です。

   運行日:平成20年11月9日(日)〜23(日)
   車両:いすゞBXD30(川崎航空機)昭和40年10月
   コース:成田山門前〜JR成田駅(中央口7番線)〜京成成田駅(中央口
        7番線)〜宗吾霊堂




     【バス】トップへ戻る

inserted by FC2 system